・                ・・・       莫 迦 素 人  荒 野 に 立 つ       ・・・                   ・

偽・

                      ・・・      GTX 980  GAMING4G   装填     更新 (11/07)       ・・・   

 

第 四 部



PA4525.jpg

GTX 980 GAMING4G 装填

またやる気か!まだ続ける気なのか、この莫迦は!!と思いつつ、
こっそり再開してみました。何時まで続くのか皆目見当も付きませんが。
「そろそろWindows10を入れてみるかな。でも80GBのSSDが満杯だな」
と云う発端から始まった四年振りのPC換装計画が、何故 GTX 980 ?

 

 

 Since
November 2015

 

 

 


・       ・・・ ぼちぼち一人前になりたいけれどまだまだ成れそうもない莫迦素人の電子工作絵日記 ・・・     ・

新・球の上にも三年

                         第 三 部  完

最早 一発芸



PA4525.jpg

PA4525 D-Class パワーアンプ

二年間のご無沙汰で御座いました。板子一枚下は鬱な状況もどうにかやり過ごし、
人生の荒波も凪の時期を迎えた様な、嵐の前の静けさの様なこの時期を逃さず、
墜ちた巨星に合掌しつつ、リハビリがてらのD級アンプの製作で復活を期そうかと。

 

13033

  Since
July 2012
November 2015




・・・       三年経っても未だ飽きない 素人の電子工作絵日記       ・・・

続・球の上にも三年

第 二 部 ・ 完

Since January 2008 - June 2012



intel_i5.jpg

Core i5 2500K  Sandy Bridge 狂想曲

多分八年振りとなるPCの買い替えだったのですが、いやー、昔取った杵柄も
全ては記憶の彼方で、初心者状態での選択、購入となってしまいました。
当時は存在すらして居なかったSSDなる代物だとか、チップ内には四つのコア
だとか、GPUもCPU内に搭載だとか、今様のPC事情は様変わりしていました。



A2134ADpp.jpg

A2134 全段差動PP・アンプ - 設計編 -
A2134 全段差動PP・アンプ  - 製作編 -

気が付けば、オクにて三年越しで集めるとも無く集めた部品たちが、
俺を使えと光って唸るっ!俺で作れと輝き叫ぶっ!状態だったので、
2010年の幕開けは、全段差動ppアンプ弐號機で逝かせて頂きます。



6BM8_C7.jpg

6BM8 超三極管接続 改造7

6FM7で、と言いますか、色々な球でのロードラインのお勉強にも疲れ、
と言っても、疲れる程取り組んでも、どれだけのことが理解出来た訳でも
無かったりするのが悲しい処ですが、「あ〜、半田の薫りが恋しいなぁ」
と思ったので、折に触れ気になっていたアンプを作らせて頂きました。



6FM7.jpg

6FM7 お勉強 バラック・アンプ

貧乏暇無さ杉モードに突入してしまいました
ありゃ?HPの容量を使い切ったのか ??
↑応急措置済。でも無料分の20MBを使い切っちまいました。
 うーん、今後の展開は、どうする?どうなる?



aeolus.jpg

LM 3886  Aeolus

DAC基板の頒布が華やかなりし当時、トランスI/V変換方式とか積層セラミック・
コンデンサ平滑方式とか、異端(?)のご設計で好事家に刮目されたKHIMAIRA
様の最後の設計基板、LM3886パワーアンプ基板「Aeolus」でございます。
D級アンプ群が覇を唱える現在、古のアナログICアンプ素子の命運や如何に?



6550A_STC.jpg

6550A 超三極管接続Ver.2 シングルアンプ
Act.1



57373

Since
January 2008
June 2012

 

 

・・・       パソコンを自作していたら真空管アンプを自作していた漢の流離譚       ・・・

球の上にも三年

第 一 部 ・ 完

           Since June 2004 - July 2007



 

PCM1794.JPG


PCM1794  お勉強DAC2 / DAC1794D-N

頒布されてから約三年の歳月を経て、漸く表舞台で活躍の時を迎えた
お勉強DAC2。製作の契機はPCM1794A搭載の最新DAC基板の登場
による、というのがアレだったりしますが、何、ディスクリートも何のその。
オペアンプをお気楽に交換して楽しめるのが最大の魅力かも知れません。




PGA2311.JPG


PGA2311 - WE386A/5670
デジタルVR搭載・真空管バッファ ラインアンプ

・・・ 只今 工事中 ・・・




5687.JPG


 5687 P.P.P Plus

一年程前に作らせて頂いた、LUCY様プロデュースの「5670 PPPアンプ」が、
更にパワーアップしてクォリティーアップしてチューンアップした
新アンプとしてリリースされると云うことで、先達の技を堪能させて頂こうと、
お値段のグレードアップも顧みず、新pppアンプを作らさせて頂きました。




TU-879.JPG


- 先行試作型 TU-879(改)式 -
6LU8 超三極管接続シングル・アンプ


 この米田様の超三結アンプも、アンプを作り始めた初期の頃より、
「何時の日か、Trを半田付け出来るレベルになったら作らせて頂こう。」
と思っていたアンプでした、が・・・。再びの再挑戦のその日に向けてGo!。






 t_00.JPG

LM3886 BTL お気楽パワーアンプ2

うーん、だめぽ・・・
orz




6AH4GTpp.JPG


6AH4GT 全段差動プッシュプル・アンプ

「一生に一度くらい自分で真空管アンプを作ってみよう」と言う趣旨で、
Building My Very First Tube Amp講座を開設なさっているぺるけ様の
サイトに出会ったのは、TU-879を作る前でした。「これなら私でも作れるかも」
と、全くの初心者にも希望を抱かせてくれた、あの全段差動ppアンプが、今・・・



TDA1541A.JPG


TDA1541A Non Oversampling DAC
with PCM2706 USB

パソコン内のMP3音源を、立派な機材(当家比)で堪能したいなぁ、
との思いから、USBオーディオキットを作るつもりだったのが、
気が付いたならあら不思議、DAC基板まで作らせて頂きました。



  5670ppp.JPG


WE386A/5670 PPP アンプ

WE386A/5670電圧増幅管を、無帰還でパラ・プッシュプル構成とした
真空管アンプ基板は、LUCY様プロデュースによる音に対する自信と
じんそん様のアートワークによる基板の美しさを兼ね備えたものでした。
小出力ながら、作って楽しく、見て美しく、聴いて嬉しいアンプです。



LM3886.JPG

 
LM 3886  パワーアンプ

果して自分で作った真空管アンプの音色は、良いのか悪いのか。
それを判断するべき「標準のアンプ」が必要かもしれないと、
パワーIC・LM3886を用いたFujiwara様の基板を使用させて頂き、
電源部はUTiCd様の回路図を参照して作らせて頂きました。



 KT88STCcus2.JPG


KT88 STC  - GT Shape -
第 一 次 改 修


小気味良いサウンドが響くKT88超三結アンプですが、
当初よりその発熱量の多さが気になっていました。
「ならばっ」とばかり、アレやコレや、気になる部分を手直しです。



TDA1543.jpg


TDA1543 真空管バッファDAC

DAC実験基板配布の雄、jinson様が新たに放った、
6DJ8系真空管バッファ搭載のDAC実験基板。
シンプル且つコンパクトに纏められたその艶姿に、思わず一目惚れ。
回路が違えば音も違うのだろうと、購入させて頂きました。



PCM1716.jpg


お勉強DAC S/DAC

DAC基板配布の先駆者h_fujiwara様の開発ラインナップにおいて、
自作DAC入門用(?)の趣を放つ「お勉強DAC S/DAC」。
2年後のDAC自作を目標に、お勉強を始めたら出会い、
入手と共に別れが訪れた、一期一会のfujiwara DAC forever。



KT88STC.JPG


KT88 & Large Power Tubes Universal STC
- GT Shape -

上條様の超三極管接続を、信号部は宇多様によるKT88超三結回路にて、
電源部はぺるけ様の「情熱の真空管アンプ」を参照し、多くの先達の
皆様のご教示を得つつ作らせて頂きました。果してその顛末や如何?



 

18W-8545.jpg


自作2wayスピーカー ユニット選定編

自作2wayスピーカー 製作編

米国のキット・メーカー「North Creek MUSIC SYSTEMS」社の、
SCAN-SPEAK 18W/8545SC+D28-06Sユニット使用の2waySP製作記。
はじめての自作SPがこんな大物で大丈夫なのか!?



 

McAmp.JPG


マイナス定電流給電型 ユニバーサル・シングルアンプ


偶然出会ったサイトの見知らぬ回路。
いや、単に回路を読み解く知識が無いだけなんですが。
それでも、作ってみたいと思わせる魅力が有ったのは確か。
有名回路だけが良い真空管アンプ、ではないと思ったり。



6BM8STCVer1_2nd.JPG


6BM8超三極管接続 Ver.1 2nd model


初心者の登竜門として、或いはベテランのサブ・マシンとして、
数多の回路がネット上を跋扈する、超有名回路アンプ。
業界を震撼させた、その実力の片鱗を垣間聴けるか!?
登竜門として、総本山の回路で作らせて頂きました。



TU-879.JPG

エレキット TU−879
手軽に真空管の魅力を教えてくれる名キット・シリーズ。
とても作り易かったです。
が、写真が何も無いです。
既に解体され、音を聴くこともできないです。


 

AX4PETUBE.JPG

AOpen AX4PETUBE
「何か面白そう。」と購入した特価品マザーボード。
電磁嵐の中に悠然と点る橙の灯火は、
未知の世界を指し示す道標となった。
さすがにこれは見る人がいないか・・・。

   

… but some day one  day …

 

DS-77z.JPG


DIATONE DS-77z (改)

・・・ 只今 工事中 ・・・
             と言いますか、当分の間、放置プレイの予感・・・                                      

 

<< 御注意 >>

− 自作の世界は傷害・損害・実害は全て自己責任がお約束 −

 

- Special Thanks -

何にも・ヒロちゃん・専務 : 電動ドリル・助っ人労力ご提供
Bella君  : デジカメ・手廻しドリルご提供

Webで情報を公開して下さる諸先達の皆々様

 

82583

Since
 June 2004
January 2008