山霧藩 へリンク 
筆者戸松清一

この物語は現在の秋田県能代市
檜山を舞台にした時代小説です
(リゾート白神が走る五能線の始発
東能代駅があり、晴れた日駅に立つと日本で
最初に世界遺産登録された白神山地が見えます)
◇時は江戸時代、山霧藩下級武士
松戸清八郎が懸命に生きる姿
人情、恋、周りで生きる
人々の人間模様
◇山霧藩首席家老長井主善の生き様
幼なじみ佐野十右衛門、千代との
悲しい別れ、主善の苦悩
前ページに戻る