校舎外観 校舎外観

地域の方々の協力を得て、平成7年3月に完成した自慢の校舎です。秋田杉をふんだんに使用した木造校舎で、まるで歴史館のようです。武家屋敷をイメージして作られています。

廊下 廊下 廊下は雁行という並びになっていて、ジグザグの作りになっています。
校門 校門 木で造られた校門も子供たちのお気に入りです。
机といす 机といす もちろん机といすも木で作られています。杉デスくんという名前で子供たちに親しまれています。子供たちが自分たちで組み立てています。
物見塔 物見塔 校舎で最も高い部分を物見塔と呼んでいますが、これは檜山城に物見櫓の跡があることにヒントを得て作られたそうです。




新聞記事