TOURIST INFORMATION

能代市協力隊目線の観光スポット案内

能代観光スポット案内#003

二ツ井の大自然を味わう。

きみまち阪公園に行こう

能代市の東側には二ツ井町がある。今から約10年前に旧能代市と旧二ツ井町が合併し、ここも能代市の一部となった。二ツ井町には、数多くの自然があり、それを堪能できる場所がたくさんある。全部オススメなのは当然なのだが、今回は、その中でも一番最初に、是非訪れてほしい場所、きみまち阪公園を紹介したいと思う。

車で行けば、秋田自動車道の終点二ツ井白神ICから、国道7号線を大館方面へ10分ほど走ると「きみまちの里、道の駅ふたつい」という看板が見えてくる。道の駅ふたついの交差点を右折して米代川沿いの通りを進むと、もうすぐそこに、きみまち阪公園がある。

明治14年、この地を訪れた明治天皇が、その美しさに感動し、まだ名前が決まっていなかったこの地を「徯后坂」と名付けたそうである。

そして、夏の長旅を気遣う皇后のお手紙がここで天皇をお待ちしていたとのエピソードが残されており、その内容が「恋文」だったことから、この公園の中には、赤い「恋文ポスト」が設置されている。

そのエピソードから、このポストに投函した手紙は、恋の願いがかなうと言われている。ちなみに、ここから投函した手紙には、ハート型の風景印が押印されて届く。是非、訪れた際はここから手紙を出して、その印を確かめてみてはいかがでしょうか。(利用期間 4月1日~11月末)

また、きみまち阪公園の名前にちなみ、きみまち恋文全国コンテストを実施、入賞作品集を「日本一心のこもった恋文」として発売している。

恋の聖地とも言えるこの場所だが、もちろん先に言った自然もたくさんある。第一広場から、上に登って行くと第三広場までがある。その第三広場に行くと、目の前に形の美しい七座山(ななくらやま)とそれを囲うように流れる米代川を眺めることが出来る。

そして、ここまで来るととても心地良い爽やかな風が流れて来る。晴れた日に是非、訪れてほしい場所である。

この公園には、春は桜、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪の積もった景色と、四季折々全く違った顔を見ることが出来る。ちなみに冬の雪が積もっても公園には入れるが、行くまでが大変なので、もし冬に行く際は、覚悟を持って。

特に、きみまち阪公園の秋、紅葉は有名で、秋田のテレビでは、秋になると、紅葉情報に必ず出て来るスポットでもある。あえて、写真を載せないので、是非、その光景は、実際に訪れて見てほしい。

また、夏の夜、この公園から見る星空は、格別であることもコソッと記載しておく。是非、天気の良い静かな夏の夜、訪れて空を見上げてほしい。

きみまち阪公園のすぐそば国道7号線沿いにある「道の駅ふたつい」は、現在の場所の向かい側、米代川沿いに新たな「道の駅ふたつい」を建設中である。今よりも大きな規模になり、駐車場の台数も増える予定である。平成30年の開業を目指して建設が進む。ここが開業すれば、更に二ツ井のきみまち阪地区は賑やかになってくるだろう。

もちろん、現行の「道の駅ふたつい」も絶賛営業中である。地元野菜や、お土産品、ソフトクリームなど、美味しいものがたくさん揃っている。

是非、合わせて訪れてほしいスポットの一つである。

紹介し尽くせない、二ツ井の魅力。能代市地域おこし協力隊観光スポット案内では、今後も更に情報を更新して行く予定なので、お楽しみに!

きみまち阪公園

KIMIMACHIZAKA PARK

〒018-3102 秋田県能代市二ツ井町小繋字中島

<入園料> 無料

<アクセス>

お車:二ツ井白神ICから車で10分

徒歩:二ツ井駅から徒歩で30分

※駅からは離れているため鉄道・徒歩利用の場合は、タクシー利用をオススメします。

Copyright (c) 2014-2017 NOSHIRO CITY Community-Reactivating

Cooperator Squad All Rights Reserved.