COLUMN

活動コラム

2016.12.14 Activity column #10

Basketball Birthday Classic 2016 in 東京代々木

バスケの誕生日って12月21日ってこと知ってますか?おそらく、渋谷辺りで街頭インタビューやったら、大半の人が〝えー知らなかった!〟なんて答えることでしょう。もしかしたら、バスケを経験している人は知っている人も中にはいるかもしれないけど、バスケが誕生した日だったなんて、意外と知らない。そんな、バスケの誕生日にバスケを思いっきり楽しんでしまおう!というイベントが、東京代々木で毎年開催されている。〝Basketball Birthday Classic〟というイベント。

バスケな好きな人がバスケを愛する人が一同に集まって、バスケ談義をしたり、実際にバスケをプレーしたり、とにかくバスケ漬けになれる1日。こんな素晴らしいイベントがあったんだ。

そして、なぜ、この能代市地域おこし協力隊がこの記事を書くのか。実は、毎年、バスケの街能代をアピールするため、このイベントにブースを出させていただいています。今年も、出張バスケミュージアムと、出張バスケ神社の2つを設置したのであります。

そもそも、12月21日がバスケの誕生日と呼ばれている訳。それは、遡ること125年前の1891年12月21日にバスケットボールのファースト・ゲームの行われた日として記録が残っているから。場所はアメリカのニューイングランドはマサチューセッツのスプリングフィールド。国際YMCAトレーニングスクール(現スプリングフィールド・カレッジ)でした。

創案者は、ジェイムス・ネイスミス博士。当時はそのトレーニングスクールの指導者でした。ちなみに、このジェイムス・ネイスミス博士が印刷された布バックが能代バスケミュージアムで販売されています。

そのジェイムス・ネイスミス博士が、上司より〝冬季に、室内で、誰でもが楽しめるボールゲーム〟というコンセプトでニュースポーツを考えてみてくれという提案があり、それを実現化したものなのです。多くの球技スポーツがある中で、唯一、バスケットボールのみ、発祥の日が判明しているのです。

ある意味、これは素晴らしいことであるわけで。だからこそ、この日に、バスケの誕生日をお祝いしようとするイベントが発案され、2011年から開催されています。

この日、来場した多くの方々に、絵馬も書いていただき、その絵馬は、きちんと奉納させていただきました。

たまたま、このイベントで出会って、試合をする。通りすがりの感じでプレーする。その雰囲気は、どこかアメリカのストリートバスケを連想させるような光景で見ている側も本当に楽しいイベントでした。

そしてやってくるお客さんが皆、能代っていったらバスケだよねと声を掛けてくれるその言葉が、バスケプレーヤーにとって能代がいかに浸透しているかが実感出来る出来事でもありました。

このイベントが続く限り、また来年もこの場所で、再び。

column link

「12月21日はバスケットボールの日」委員会

http://bb1221.com/

Copyright (c) 2014-2017 NOSHIRO CITY Community-Reactivating

Cooperator Squad All Rights Reserved.