COLUMN

活動コラム

2016.11.05〜12.31 Activity column #08

UNDER GROUND NOSHIRO -星野シローの写真展開催ー

能代市という街は、秋田県内25市町村の中でも10位にランクインするぐらい、面積が広い方に入る。縦横には車の移動が必須となる。それぐらい、ここも能代市、あそこも能代市。とにかく、広いこの街には、ずっと住んでいても知らない場所、見たことのない場所が多く存在する。星野シローがこの街にやってきてから、そんな知らない街のアンダーグラウンド、アングラな世界を能代市在住の写真家3人と共に回り、撮影を行なった。そして、その写真が今、展示されているのである。

能代の中心部、イオン能代店の国道101号線沿いのショーウィンドウにそれは、突如出現した。宇宙をテーマにした背景の前に多くの写真と、シローの等身大パネル。その一枚一枚を切り取って見ても如何にこの街にまだまだ行ったことのない場所が多いのかがわかると思う。

自分の街に

愛着を持つ

自分の街に愛着を持つ。それは、素晴らしいことであり、そしてまた、帰って来たくなる場所、帰って来れば落ち着ける場所があること。それは、日本人のみならず、世界中の人々、一人一人が感じることである。そして、そういう場所があるからこそ、人は外に出て活動することが出来る。知らない場所を旅して、そして新しい発見をしてそれが刺激となって自分の糧になる。その発見が出来るかどうかが、人間を大きくしていく一つのターニングポイントなのではないか。そう思うのだ。

〝星野シロー〟という存在がいることによって、能代で見つけられなかったもの、見つかっていなかったものが、掘り起こされ、そして、それを地域の方々に還元するのと同時に、能代へやってきた人たちや、能代を知らない人たちへアピールすることも出来る。街に人がやってくることは、それだけ街を活性化出来るということでもある。しかし、それ以前に、街に住む人たちが、街のことを知らずでは意味がない。そういう意味でも、この広い能代という街をまずは、住民の方々に知ってもらい、そして、それを外へと住民の人たちが発信していく。そんなきっかけ作りも地域おこし協力隊の仕事であると思う。全てはきっかけ。それがどんな形であろうとも。

素敵な写真と素敵なきっかけに出会える、星野シロー写真展は、2016年12月31日まで、イオン能代店のショーケースにて展示しています。夜は、22:00までライトアップもされているので、また雰囲気が全然変わります。ぜひ、昼間と夜の2回見にいくことをオススメします。

Copyright (c) 2014-2017 NOSHIRO CITY Community-Reactivating

Cooperator Squad All Rights Reserved.