COLUMN

活動コラム

2016.08.03・04 Activity column #03

ばすけ神社 in けやき公園

2016年8月3日、4日。能代の街には、巨大な灯籠が街中を練り歩いた。能代七夕と呼ばれるこのお祭りで出される高さ24.1mの灯籠。その名も「天空の不夜城」と呼ばれる。

そんなお祭りの中、その灯籠が練り歩く道路の傍ら、能代市のけやき公園内には、ばすけ神社がお目見えした。今までも何度か、様々なバスケイベントでの出店経歴はあるが、野外型での出店は初めてだった。今回は、その神社の入り口にキャンドルを置き、多くの灯りと共に、幻想的な雰囲気を醸し出した。

その神社の脇には絵馬の掛け所も作られ、思い思いの願いごとが書かれた絵馬が多く飾られていた。

有名になりたい。強い選手になりたい。日本一になりたい。もっとシュートが入るようになりたい。そんなたくさんの思いがここには詰まっている。願い事は、思っているだけでは叶うものではなく、言葉にして初めて、希望が生まれる。この日、この場所で書いてきた思いは、きっと叶うはず。

そして、初日には、秋田ノーザンハピネッツの選手も来訪。それぞれの思いを絵馬に託してくれました。この夏を超えれば、日本プロバスケの新たなる夜明け、Bリーグが始まる。その戦いは、きっと今まで以上にレベルの高いものになっていくはず。少しでも、この場所で書いた願いが叶いますように。

能代七夕の夜に現れた希望の場所から、大きな思いが羽ばたくように。

Copyright (c) 2014-2017 NOSHIRO CITY Community-Reactivating

Cooperator Squad All Rights Reserved.