2017.04.10 Activity column #15

残業はバスケをしようの巻

4月10日月曜日、週の始まりはどうしても仕事のやる気が起きないのは、きっと誰もがそう思うかもしれない。また、一週間が始まったのかなんて、気怠くなってしまい、集中力も散漫になってしまったり。そんな月曜日の夜、我々、協力隊は能代山本スポーツリゾートセンター「アリナス」にいた。今日はまさしく「残業」なのだ。でも、そんな気怠さのある残業ではない。バスケだ。

その名も「残業バスケ」である。仕事終わりに、職場の人たちと一緒に気軽にバスケを楽しもうと始まったこの企画。仕事着のままでバスケをしてしまうというとんでもない発想。でも、5団体6チームが集まってくださり、それぞれの会社の格好でバスケをしに来てくれた。

スーツ姿の方もいれば、作業着姿の方も。会社のベンチには会社の〝のぼり〟が立ち、そして職場の方々が応援にもやってきてくれる。そしてとにかくみんな笑顔だ。

和やかなムードの中、

熱戦が繰り広げられる

バスケの街能代

なんだから...

そもそも、この企画の発端は、バスケの街能代であるこの街で、実は気軽にバスケを楽しめる環境がそう多くはないことが一つでした。バスケ経験者でも、バスケを全くしたことない人も、誰でも気軽にコートで思いっきりプレーすることが出来て、試合も参加して、全然知らない人たちと思いっきり楽しんでしまおう。そんな環境を作り出すことが出来れば良いのではないか、そんなところから始まった企画でした。

今回、会社同士が集まったこともあり、名刺交換もしている姿も見かけました。そういう繋がりが出来ることも、このイベントの良さです。飲みニケーションならぬ、バスケーションなんて。バスケがきっかけで仕事が出来るなんて素晴らしい。

このイベントは、次回開催も予定しています。新たな能代のバスケが出来る環境を作り出すことで継続的に人の輪が生まれ、そして、日々の会話の中にバスケというキーワードが出てくる。そして、再び、残業するならバスケしに行こうとなる。能代だからこそ実現出来るイベントであり、そして意味がある。そんな環境作りをこれからもしていけたらいいなと感じたイベントでした。そして、何よりもどのチームにも笑顔が溢れていたことは本当に嬉しかった。

column link

△イベント開催当日の模様を映像で紹介しています

残業バスケ 公式ホームページ

http://zanbas.web.fc2.com/

Copyright (c) 2014-2017 NOSHIRO CITY Community-Reactivating Cooperator Squad All Rights Reserved.