認知症についてよく知りたい、街なかで困っている認知症の人を手助けしたいという方ならどなたでも受講できます。

町内会、学校、商店街、職場、有志の集まりなどに講師が出向いて、認知症についての勉強会を行います。
5名以上の受講生が集まれば開催可能です。

この講座は認知症の介護の方法を学ぶものではなく、認知症について正しく理解していただくための講座です。サポーター養成講座は、標準テキストに基づいてビデオ上映を交えた60~90分程度で行われます。

認知症サポーター養成講座とは

認知症サポーターの役割とは

認知症サポーターは、何かを特別にするというものではありません。認知症を正しく理解して、認知症の人や家族を見守る応援者として、自分のできる活動します。例えば、友人や家族にその知識を伝える、隣人あるいは商店・交通機関等、まちで働く人として手助けするなど活動内容は人それぞれです。

認知症について正しい理解を持ち、認知症の人や家族を応援するボランティアです。日常生活の中で認知症の人と出会ったときに、その人の尊厳を損なうことなく、適切な対応をすることが、認知症の人と認知症の人を介護する家族の支えになります。

認知症サポーターとは

認知症になっても安心して暮らせるまちづくりを進めるため、認知症を正しく理解し、認知症の人や家族を支援する「認知症サポーター」の養成を進めています。
「認知症サポーターキャラバン」はその一環の事業です。地域で暮らす認知症の人やその家族を見守る応援者である認知症サポーターを養成し、認知症になっても安心して暮らせるまちづくりを目指すものです。
認知症サポーター
お問合せ
アルバム
施設案内
入居ご案内
和み
理念
グループホームは認知症対応型共同生活介護施設です。

私たちは認知症の方々と共に生活させていただき介護させていただいております。

そのような立場で私たちは認知症という病気の誤解や偏見を無くし、正しい知識を地域の方々や認知症に関わる方々に発信していけたら思っております。

厚生労働省では「認知症サポーター養成事業」を行なっており、その中で「認知症サポーター100万人キャラバン」という事業があります。

平成21年7月にサポーターは100万人を突破しましたが秋田県はサポーター人数が全国ワースト5に入っているのが現状です。

グループホームのスタッフとして認知症の正しい理解と知識を皆様にお伝えして行きたいと思っております。

認知症サポーター養成講座についてや認知症についてのご相談や疑問、ご意見がございましたらお気軽に問合せしてしていただけたら幸いです。

認知症サポーターキャラバンとは

認知症に対する偏見や誤解をなくすとともに、認知症になっても尊厳を持って地域で暮らせるように、厚生労働省は2005年4月から「認知症を知り地域をつくる10ヵ年」構想をスタートさせました。

 

Copyright ©2010 Houei Co.,Ltd.-GH Nagomi.All rights reserved.

プライバシーポリシー